> > > 熊谷アパート 武蔵野市西久保2丁目の賃貸マンション

熊谷アパート 武蔵野市西久保2丁目の賃貸マンション


外観画像

[ 建物PR ]
武蔵野市西久保2丁目「JR総武線・中央線各駅停車 三鷹駅から徒歩10分」の駅近賃貸マンション。
1980年04月築の2階建-インターネット対応、駐輪場のある一人暮らし向け賃貸物件です。


    詳しい情報、現在の空室状況、周辺情報、資料請求、見学など、お気軽にお問合わせ下さい!

  • 問合わせする
  • 0037-6061-24476
  • 営業時間:10:00〜20:00
    定休日:年中無休(年末年始除く)
物件名 熊谷アパート 武蔵野市西久保2丁目の賃貸マンション 建物タイプ マンション
所在地 東京都武蔵野市西久保2丁目 構造 鉄筋コンクリート(RC)
築年月 1980年4月 総階数 2階
駅からの交通 JR総武線・中央線各駅停車三鷹駅から徒歩10分

熊谷アパート 武蔵野市西久保2丁目の賃貸マンションの空室状況一覧

現在、取扱中のお部屋はありません。最新の空き状況はお問い合わせください。

熊谷アパート 武蔵野市西久保2丁目の賃貸マンションの所在地・地図

緯度経度情報等の誤差により、実際の場所と異なる場合があります。

    詳しい情報、現在の空室状況、周辺情報、資料請求、見学など、お気軽にお問合わせ下さい!

  • 問合わせする
  • 0037-6061-24476
  • 営業時間:10:00〜20:00
    定休日:年中無休(年末年始除く)

熊谷アパート 武蔵野市西久保2丁目の賃貸マンション周辺の募集中のお部屋


熊谷アパート 武蔵野市西久保2丁目の賃貸マンション周辺のおすすめ建物




















































東京都杉並区

杉並区(すぎなみく)は、東京都の特別区のひとつで、23区西部に区分される。
元来この地域は武蔵国にあり、江戸時代、明治・大正時代も同地域の地方郡に属していた。地理的に東京区部の扱いになったのは、1929年(昭和4年)の世界恐慌後に多摩地域から東京市に編入されてからである。
旧東多摩郡西半にあたり、城西地区と呼ばれる東京23区の西部に位置する。面積は34.02平方キロメートルで、東京23区の中では8番目である。自然が豊富な閑静な住宅地域として発展してきた。
地形的には武蔵野台地上にあり、全体的になだらかな高台地域。神田川・善福寺川沿いの低地にも勾配のきつい坂はない。
大宮一丁目にある大宮八幡近辺が東京都全体の人口重心となっている。
東京都の多摩地域の東端に位置しており、東京23区と多摩地域の境界を接している隣接5市の内の一つである。東経139度31-35分、北緯35度39-42分の位置にあり、東西6.4km、南北5.2km。市域は鷹が大きく羽を広げたような形をしている。
北東に位置する井の頭地区には井の頭恩賜公園からなる井の頭池があり、東南方向に流れる神田川は井の頭池を源流とする。また、三鷹駅の地下をとおる玉川上水は、武蔵野市との境界を東南方向に流れ、万助橋から井の頭公園を横切り、牟礼地区を流れる。大沢地区の南側には野川が流れ、流れの北側に国分寺崖線という河岸段丘が存在する。上連雀地区・下連雀地区から新川地区を横断する仙川がある。
市北端に中央線が走り、三鷹駅が存在し、駅の南側は市で一番大きな商業地区となる。神田川沿いに走る京王井の頭線の井の頭公園駅、三鷹台駅は、それぞれ北側を武蔵野市、杉並区と接する。また市北西部の井口地区は武蔵境駅、南西部の大沢地区は 西武多摩川線多磨駅が最寄駅である。
大都市圏にある都市としては珍しく、市街地中心部を通過する鉄道路線が無い。
タクシーの営業区域が東京23区・武蔵野・三鷹で構成されている。




東京都練馬区
練馬区(ねりまく)は、東京都の特別区のひとつで、23区西部に区分される。
東京23区の中では最も新しく誕生した区で、板橋区の一部だった旧北豊島郡練馬町・上練馬村・中新井村・石神井村・大泉村の区域が1947年8月1日に分離して発足した。

練馬区の大部分は緑の多い閑静な住宅街であり、最低居住面積水準未満の世帯率は東京23区で最も低い。近年は副都心線や大江戸線などの開通に伴って、マンション建設ラッシュに沸いている。練馬区民の男性の平均寿命は81.2歳で全国で第5位、東京23区で第1位である[1]。また刑法犯認知件数は、人口が60万人以上のほぼ同規模の特別区[2]の中で大田区に次いで少ない[3]。

東映東京撮影所に付随した東映動画が存在したことから、日本の劇場長編アニメ、世界初のテレビアニメシリーズの発祥地として認知され、日本一のアニメ関連企業の集積地でもある。人口は約70万人で、23区中世田谷区に次いで多い。

東京23区の北西に位置する。東西は約10キロメートル、南北は約4〜7キロメートルのほぼ長方形をしており、面積は48.16平方キロメートルである。23区の総面積の約7.7%に当たり、23区の中では5番目の広さである。

区内全域が武蔵野台地に属する。埼玉県南部と共に、今ものどかな風景を残している。河川は石神井川と白子川が中心で土地の高低差は小さい。

23区内の最高標高地点は練馬区関町南四丁目(武蔵関公園南方)で、標高約58mである。



東京都西東京市
西東京市(にしとうきょうし)は、東京都の多摩地域に位置する市。
2001年(平成13年)1月21日に田無市と保谷市の合併により誕生した。21世紀最初の新設合併による市である。

地形的には武蔵野台地のほぼ中央に位置し、関東ローム層に覆われている。水利の便の乏しい多摩地域にあって市内に石神井川、白子川、新川(白子川支流)と玉川上水から分水した千川上水があり、比較的水利に恵まれた土地である。市域は東西4.8キロメートル、南北に5.6キロメートル、北側がすぼまった葉の形をしている。

交通は東京の中心へ向かう東西が主で青梅街道、五日市街道の主要道路、鉄道も西武鉄道池袋線、西武鉄道新宿線がいずれも市内を東西に連絡している。南北の交通は市域のほぼ中央にあたる谷戸新道、境新道があるが鉄道線は南北への連絡はなく、南北の移動はバスが中心となる。

市内の中心は、西武新宿線西武柳沢駅、田無駅北側と西武池袋線ひばりヶ丘駅、保谷駅南側となる。

田無市

田無市(たなしし)は、かつて東京都に存在した市である。2001年(平成13年)1月21日に保谷市と合併し西東京市となった。
全国でも埼玉県蕨市、埼玉県鳩ヶ谷市(現川口市)、東京都狛江市についで4番目に小さい市であった。

田無の地名は、1559年(永禄2年)の後北条家の文書にあるのが最も古く、江戸時代以前より集落が形成されていたことが分かる。そのため地名の由来は定かではなく、いくつかの説がある。

1.田んぼが無いため田無となった説
2.棚瀬が変化し「たなし」となり、田無の字があてられた説
3.田成が田無に変化した説
4.種なしが田無となった説。田無では税の取立てが厳しく、種(本来ならモミか)までとられてしまうため、周囲の村から種なしの村と呼ばれたと言う説。
1の説では、畑作が中心だった現在の多摩地域ではどこでも田は無い(陸稲が中心)こと。2と3の説では、途中で意味は正反対に変わってしまっていること。4の説も田無の集落が近隣より比較して早くに成立していることなどから、決め手となる説がないのが現状である。


東京都文京区

文京区(ぶんきょうく)は、東京都の特別区のひとつ。
東京23区の中央北寄りに位置する「文の京(ふみのみやこ)」と住宅の街。明治より夏目漱石や森鴎外、宮沢賢治等の著名な文人・学者・政治家が多く集まった。出版・印刷、先端医療が盛んで、大規模病院が多い。東京ドーム、講道館(柔道)、東京大学がある。

区の南部には商業地域が幾らかみられるものの、全体としては住宅地が多く、また公園、教育機関、医療機関も多い。千代田区と隣接していながら文京区には西片、大和郷(本駒込六丁目)、本郷、小石川、小日向、本駒込、目白台などの閑静な住宅地が残されている。また音羽の森や六義園、後楽園、小石川植物園など歴史ある広大な日本庭園がいくつも残されている。

区内には世田谷区と練馬区と共にJRの駅が一つも無い。JRの線路は山手線の巣鴨駅 - 駒込駅間が僅かに通るだけで、この区間を除けばほぼ全域がすっぽり山手線内側に入る唯一の区でもある。また、大きな繁華街が無い。

文京区は、東京都の東部、皇居の北側に位置する。文京区役所の正確な位置は、東経139度45分40秒・北緯35度42分20秒。武蔵野台地の坂、神田川などにつくられた低地部、5つの台地(関口台、小日向台、小石川台、白山台、本郷台)や谷から成り立ち、坂の多い地域である。高度は、後楽一丁目の海抜3.1メートルを最低に、大塚五丁目付近で海抜34メートルである。面積は、11.31km²であり、特別区では4番目に面積の小さい区である。



吉祥寺駅

吉祥寺駅(きちじょうじえき)は、東京都武蔵野市吉祥寺南町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京王電鉄の駅である。


JR東日本 吉祥寺駅

島式ホーム2面4線を有する高架駅である。早朝や深夜など中央線が快速運転を行っていない時間帯は3・4番線ホームが閉鎖される。
改札口は、中央にある中央口(北口)・公園口(南口)・アトレ本館口(西口)、および西荻窪寄りにあるアトレ東館口(東口)の4ヶ所である。
エスカレーターとエレベーターが設置されている。
なお、東隣の西荻窪駅から東京都区部に入るため、当駅が中央本線における八王子支社管内最東の駅となる。そのため、当駅と西荻窪駅の間に東京支社との境界標が設置されている。



京王電鉄 吉祥寺駅

井の頭線の始発駅で、頭端式ホーム2面2線を有する高架駅(地上3階)である。
改札は1ヶ所で、その脇に駅ビルに入居するユザワヤ(現在は改築のため移転)の入口があった。正面には階段とエスカレーターがあり、降りるとJR公園口(南口)改札がある。
また、1階は専門店街フレンテ(旧・京王クラウン街)があったが、改築のため閉店した。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71

駅から探す

エリアから探す

お部屋の資料を一括請求! 候補リスト

お気に入りの物件や気になる物件が
あれば、「候補リストに追加」のボタンをクリックして下さい!
候補リストでは物件を比較してご覧頂け一括でお問い合わせ・資料請求ができます。

物件フリーワード検索


     複数キーワード可

物件カテゴリー一覧

お知らせ・日記一覧

東京都

東京都(とうきょうと)は、日本の都道府県の一つであり、東京都区部、多摩地域、東京都島嶼部(伊豆諸島・小笠原諸島)を管轄する地方公共団体である。小笠原諸島を管轄しているため、日本最南端および最東端の都道府県でもある。


東京都には、事実上の日本の首都機能が置かれている。日本の司法・立法・行政の中心地であり、経済の中心地でもある。人口は日本の都道府県の中では最も多く、人口密度は大阪府と同程度である。東京都区部を中心とする首都圏は、世界で最も人口が多い都市圏であり[1]、経済規模ではニューヨーク大都市圏を凌ぎ世界最大である[2]。2012年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、ニューヨーク、ロンドン、パリに次ぐ世界第4位の都市と評価された[3]。

明治維新以前の東京都都心部の旧称は江戸であり、江戸時代には江戸幕府の所在地として栄えた。大東亜戦争中の1943年(昭和18年)7月1日、首都の行政機能を強化する目的から東京都制が施行され[4]、東京府と東京市を統合するかたちで東京都が設置された。終戦後の1947年(昭和22年)に地方自治法が施行されたために東京都制は廃止されたが、東京都の名称と行政区域は変更されず現在に至っている。このため東京都庁は、23区を包括する市役所としての機能と県庁として広域行政体としての機能とを併せ持っている。

東京都庁舎は長年千代田区の有楽町にあったが、1991年(平成3年)4月1日に新宿区の西新宿に移転した。移転に伴い、地方自治法に従って都条例も改正され、現在の都庁所在地は新宿区となっている[5]。ただし、地図上での都庁所在地の表記は、便宜上「東京」が使用され続けている[6]。東京都の英語表記は、Tokyo Metropolisあるいは Tokyo Metropolitan prefectureである。東京都庁を指して東京都ということもあるが、この場合はTokyo Metropolitan Governmentとなる。



東京都武蔵野市

武蔵野市(むさしのし)は、東京都の多摩地域にある市。
多摩地区の東端に位置し、区部と境界を接している隣接5市の内の一つである。 武蔵野台地に在り、合村時の新自治体名への改名由来の一つともなっている。

市内の「交通空白地域」をコミュニティバス「ムーバス」が走る。 タクシーの営業区域が23区+武蔵野+三鷹で構成されている。これは後述の幻の東京都第24区に関連している。 三鷹市、小金井市、西東京市と4市で、文化・芸術・スポーツの施設や保養施設など、公共施設の共同利用を行っている。

戦前、中島飛行機 武蔵製作所(エンジン工場)が出来、この地域は大きく発展した。 しかし、米軍の東京空襲の戦略爆撃に合い、工場機能は壊滅。現在もビル工事などで地中深く掘削すると不発弾が発見されることがある。戦略爆撃機B29で1トン爆弾を投下される。(戦後、自衛隊により処理される。) 現在の市役所の位置には武蔵製作所(北裏周辺)の本館があった。また、市役所前の競技場及び50mプールはリニューアルされるまで中島飛行機当時の施設を直して使っていた。 現在でも市内の下水道管の一部に中島飛行機時代に整備された施設を使用している箇所がある。 戦後、武蔵製作所東部分の跡地に武蔵野グリーンパーク野球場が竣工したが一年で閉鎖。その後武蔵製作所西部分の跡地がしばらく在日米軍に接収されており、グリーンパークと呼ばれていた。現在でも緑町周辺をグリーンパークと呼ぶ。武蔵野東学園のあたりに在日米軍用消防署があり、現市役所の場所には米軍子弟用のアメリカンスクールが存在した。 旧市役所は現在の市民文化会館、中央図書館の場所に点在してあった。 市域の形は時代劇の「ちょんまげのかつら」に似ている。桜堤地区がまげに相当する。額の部分をJR中央線が鉢巻の様に走っている。 井ノ頭公園内には戦前からの井戸水を利用した都内最古のプ−ルがある。

人口密度は都内の市町村(東京都下)の中では1位、全国では2位である。




東京都三鷹市

三鷹市(みたかし)は、東京都の多摩地域最東端にある市である。
武者小路実篤、三木露風、山本有三、太宰治など多くの作家たちが住んだ街として知られるほか、全国初のゼロ歳児保育施設の開所(1956年)、全国初の公共下水道100%整備(1973年)を実施した都市である。2005年には、「みたか市民プラン21会議」、官民共同プロジェクト「あすのまち三鷹」、三鷹ネットワーク大学での市民、大学・研究機関、企業との協働などが成果をあげ、インテリジェント・コミュニティ世界一に選出された。

また、都市の便利さと緑豊かな自然とが調和する公園都市でもある。市域には豊かな自然が存在し、市内に国立天文台三鷹キャンパス、武蔵野市にまたがる場所に桜で知られる井の頭恩賜公園、小金井市や調布市とまたがる地域に野川公園がある。

観光名所としては、2001年に開館した三鷹の森ジブリ美術館を筆頭に、山本有三記念館、太宰治文学サロンなどの様々な文化施設が存在する。加えて、三鷹駅南に位置する禅林寺には太宰治及び森鴎外の、市内南西端に位置する龍源寺には近藤勇の墓が存在する。

市域境界線は入り組んでおり、5つの自治体と隣接する。市役所の一部は調布市域に掛かっている。